瑪瑙異書類従

瑪瑙異書類従
準備中

link

prep room 準備室(一号室)
menou books  メノウブックス(二号室)
瑪瑙文庫(三号室)

2018年4月7日土曜日

規制線 彫刻刀と版木で歴史をトレースする。

彫刻刀(3000円)と版木(5枚1000円)が手に入ったから、少しずつ文字を彫る作業を練習している。これを基にして歴史書のトレース作業を進めたい。グラフィティの拓本みたいなイメージのもの、それから写真を展開しながら、正史じゃなくて逸史を作りたい。1000年くらいのスパンでそこに自然災害があったり、戦争があったり、絵画や彫刻や発明があったり。事実としての逸史。美しい記録、正しさ、都合の良い記録の外側に興味がある。

自然災害で興味があるのはバングラデシュのサイクロン被害(ボーラサイクロン1970)と、戦争で興味があるのは、当時の廃棄文書の残骸から明らかになってきている麻薬帝国然としたアジアの中での日本戦争史。正史じゃない正統ではない歴史が渾然一体となっている中国の春秋戦国時代の史書ではなけれども、後から都合よく書き換えしたような歴史の評価を無効化するくらいの事実がどれだけ面白いかということを探っていきたい。


写真はランバンさん、所蔵は準備室。
写真を引き続きコレクションしていく。書籍も同じく可能な限り集めていく。

話は変わって、釣崎さんの写真集が出版されるというので、ファンディングに参加した。死体写真や、身体破壊損壊の写真はもともと興味のあるなし以前に触れる機会がなかったのですが、ブラックアジアとか海外のモーグ、オウトプシーなどのキーワードで出現するイメージは肉片とかドラッグカルテル抗争とかにぶら下がって捕獲できる。表現の自由がもともとあったのかすら、誰かに奪われたのか、見失ったのかわからないけれども、規制することで表現が萎縮するならどんどんぶち壊せばいいのではと思う。見る見ないは個人の自由、表現も個人の自由。取り締まる側には言い訳が必要で、法律、道徳、宗教と後ろ盾は広範囲にわたる。工夫が必要だと思う。それでも死体をモザイクなしの表現を突き進めて、行けるところまで。

また歴史に戻って、関東大震災からの東京を復興させた後藤新平というトピックと、一方で台湾でのアヘン撲滅=モルヒネ跳梁の裏ボス後藤新平というトピックの正史の境界線はどこにあるのか、歴史を丁寧に見ていきたい。正統とされた背景にはもう一方の正統があるので、国家犯罪が国家の滅亡とともに帳消しにされる前にきちんと整理して捉え直す意味はあると思う。




0 件のコメント:

コメントを投稿