瑪瑙異書類従

瑪瑙異書類従
準備中

link

prep room 準備室(一号室)
menou books  メノウブックス(二号室)

2017年3月15日水曜日

やぶれた山河


日本の怪談とも違うし、アメリカのラブクラフトとも違うような感じで、
自然とか動物とかを題材にしたのっぺりした文章が読みたい。
今 手元にあるのが莫言の白檀の刑とラブクラフト全集1。
読書をする事で気分を 落ち着かせている。

国破れて山河ありみたいなのっぺりした物語が読みたい。
高尚な文学とかじゃなくて、例えばたくあんの切れ端について延々じいさんとばあさんが問答している傍らで、太平洋戦争がはじまっちゃう話とか。
井戸の水を汲みに行って帰ってくる間までの山とか川とか景色とかを綴った話とか。

現状船に乗っているのでまだ実物の本を手にしていないのですが、
”点線面”さんという本に文章を掲載させていただくことになりました。
連載という形式で、文章の量は少なめですが船とか、それ以外でも自由に書かせてもらえるということで、まじめに、そして できるだけ、のっぺりとした文章を書いて行きたいと思っています。





2017年1月10日火曜日

2017年について

今年はどんな本を作ろうかとか、どんな作品を調査しようかとか、そういう事を考える事はあっても、なかなか新しい事を勉強しようとかいう考えがでにくいのは、きっと意識が飽和している部分があるからだと思う。

なので 2017年は新しい事を勉強したいなと思います。
努力目標と言うか 勝手な思い込みで 目標にしていた出版社が単なる出版屋に成り下がったことや、 おもいがけず、くそだと思い込んでいた作り手が実は素晴らしいと改めて意識を改革してくれた事など2016年は発見の年だった。

自分における反省点を前向きに冷静に少しでも良い方向へすすめたいと思います。

2017年1月9日月曜日

本屋ではなくて 転売屋ではなくて 図書館でもなくて。





オーストラリアと日本を往復している。
日本に着くと言う事は荷物が受け取れると言う事だ。
WWB2016が一冊、やっと自分のところに届く。

家が廃墟のような枯れ草浅茅が宿の上、娑婆での生活を終えて、
晴れて島流し渡世と言う感じ。

ロシンブックスさんが蔵書を売却すると言うメールが自分のところに届いた。
これは一体どういう事だろうか?
写真集を作るための資金が足りないから、コレクションを見切りするという体裁か。
ビジネスにはお金が必要という証明か。
わかり易い。

自分は、はなからビジネスと出版を切り離している。
儲かろうが儲からなかろうが自分の活動とはまったく関係ない。
自分の準備室活動も メノウブックスも、
ちんけな投資や金儲けとは完全に切り離している。

違いはどこにあるのか。
何が違うのか はっきりしようがしまいが とにかく自分はこのやり方で
活動を続ける。

金で身動きとれないようじゃ さっさと出版なんかやめた方がいいと思うんだ。
志が低すぎる。
コンパスも、時計も、狂っているならば 船は目的地にはたどり着かない。。