瑪瑙異書類従

瑪瑙異書類従
準備中

link

prep room 準備室(一号室)
menou books  メノウブックス(二号室)
瑪瑙文庫(三号室)

2016年3月26日土曜日

瞬発力 想像力 前夜 後夜

ミュージシャンの黛敏郎さんは親戚でも身内でも何でもないんだけども、武満徹さんにピアノをプレゼントしたっていう唯一の素敵エピソードが好きで、現代音楽というか黛音楽は全く興味ないんだけども、人間的に良い味出してるなとすごく思う。

名字と言うのは先天的でいわば不可避な物であるから一生つきまとうので、厄介でもありまた面白くもある。

大学の学生寮の部屋で自分のボンク(固定ベッド)のなかでCDラジカセで武満徹の妖精の距離を聞いて、将来の事を想像して、自分には船は無理かなって、思いながらもそれでも、距離感の妙で今でも船に乗っていると言う事実に驚く。

高校の後半からタイポグラフィー的な物に興味がすごく増幅してきて、それは、はやりのバンクシーとかのグラフィティとかとは違って、どちらかと言うと習字やアラビア装飾文字みたいなガチ文字にすごく思い入れがあった。そしていまでも興味は尽きない。

大学は商船大だから学部で50人くらいで、高校よりも小学校よりも規模が小さいという状況で、そこで瞬発力と想像力を鍛えた。寮の食堂には常に気力と体力をっていうスローガンみたいなのがあったけど、自分は瞬発力と想像力を、と勝手に読み変えた。学校で授業が終わって寮に帰ってから、飲み会があったり運動会や水泳大会やら登山やらそういうイベントが毎日あってとても想像力が鍛えられた。体力とか気力がどうとかは関係なしに。

当時 先輩だった人も、同級生も、後輩も自分はみんなをすごく尊敬していた。
船と陸との往復生活を15年くらい続けて、日本人も周りにあんまりいなくなって、なんか尊敬できる人が少なくなってきて自分もどんどん船以外に興味がわいてきて、気力も体力も関係なしに、瞬発力と想像力が少しずつ失われて行くことに危機感を覚えている。

そして本を作った。それは結局のところ、転ばぬ先の杖のように自分がこの先何をどうして行くのかという状況下でのまさに杖だと思ってお金を出して作った。

人の話を聞くのは面白い。自分の話をするのは非常に苦手だ。自分で自分の事を処理できていないから、説明が空転して理解を通り越して単なる状況説明でしかなくなるのが苦痛だ。瞬発力も想像力も博打や賭け事に似ていて、それが人生のバランスウェイトというか量ではなくて質となりうると考えている。自分の人生は瞬発力と想像力で良い。

想像力を鍛える事ができる海の上の船での時間。
瞬発力を全力で発揮できる陸の上の時間。

想像力と瞬発力を得られるのならばいくらでも、気力も体力も出し惜しみなく限界まで、行けるところまで行ってみたいと思う。










2016年3月24日木曜日

内なる辺境と瑪瑙

2001年から現在2016年まで自分は15年ほど海の生活と陸の生活とを繰り返し続けてきた。奇異に映るのは一般の人から見たこちらの世界以上に、自分から見ると陸上の世界が奇異で、変化に富んでいて、おおよそ信じがたいような変化への対応を否応無しに求めてくる。でも自分は2001年時点の意識からほとんど何も変わっていなくて、むしろ余計なものがどんどん失われて、かえってひたすら身軽になった。だから死ぬまで意識は変わらないと思う。瑪瑙の石みたいな人間になりたい。

美術館が作りたくて、箱じゃなくて中身をひたすら求めてきて、それで作品とか資料とか、そういう物が大量に蓄積されてきて、一般的な美術館のような自治体からの助成金もないし、企業の税金対策の文化活動の呈でもないから、ただの個人の箱庭みたいな物だとも言える。石庭みたいな感じ。瑪瑙の石庭それが準備室。

瑪瑙という石に興味があってメノウブックスという名前の書籍プロジェクトを立ち上げた。写真集を独自に編纂 出版したくて、思うがままに時間とお金を費やして行こうと思う。興味のある写真作家さんが何人かいて、それで、個別に写真集を作って行くつもり。自分で働いてお金かせいで、作品を買って集めること、出版して後世に残す事、そういう活動を。

宮崎県で定期的に開催されていたzine itというイベントになかなかタイミングが合わなくて出品できていない。機会を見つけてまた出展したい。懐が深いんだ。自分のzineをおいてくれるという懐の大きさ。感謝しています。

捨てるばっかで、中身をたいして見もいないのにコンテストや賞とか言った性質の物は、とかく目と選を言葉で理由付けて押し付けてくる。それがとにかくうっとうしくて、とにかく軽蔑してしまう。出展者自身が 他者の作品から賞を選ぶようにしたらすごくしっくりくるのだけど、なかなかお金や企業が絡むとそうも行かないのが道理なのかな。

船からなんとか準備室につながった。
帰ったら準備室展覧会を企画します。音楽や踊りや写真やそういった自由度の高い展示を展開したいなと計画しています。

 写真画像アップしたいけど 通信がうまく行かない。
そんな状況 いつもと変わりない。