瑪瑙異書類従

瑪瑙異書類従
準備中

link

prep room 準備室(一号室)
menou books  メノウブックス(二号室)

2014年7月18日金曜日

島流し開始



4月から7月までゆっくりできたようで慌ただしかった。
これから海に戻ります。どっちが日常か考えるまでもなく、
とりあえず帰ると言う表現が現状いちばん合っている。
蝉丸でも逆髪でもなく第3の登場人物くらいの気持ちで島流し風情を。

最近はAi Nikkor 20mm f/2.8Sというレンズで写真を撮っている。
一番最初に買った50mmと、
この20mmのマニュアルフォーカスレンズが最強だと自分で勝手に思っている。
また来年くらいにはこちらに来れるだろうと思う。
そうしたらやるべき事はいろいろあるけれども、
とりあえずはまた自分なりにゆっくり時間をかけて写真を撮りたい。

2014年7月12日土曜日

zine pr04 とpr05 完成する。





数日前から延々プリントと綴じ作業をこつこつと続けた結果、pr04とpr05がまとまった。
約100ページ2分冊で二つで一つの写真の塊。
タイトルは蝉丸で、蝉丸の視点と逆髪の視点を2分割したという風情です。懐古趣味でなくて極めて現代的、日常的な風景をもって写真200枚にまとめています。


昨日はじめて
ラリークラークの写真作品集タルサ(1996年タカ・イシイギャラリー刊)とティーンエイジラスト(1997年タカ・イシイギャラリー刊)を見る機会があって、非常に興味深かった。
タカイシイギャラリーから出ている日本版の作品集だから、
そういう眼と手と企画力のある人が世に出した、ということだろう。洋書をただ転売するのと違って タイトルも日本語にしてあるから、その辺りの展示と併せたギャラリーでの展開という感じだと思う。作品自体よりも、その企画全体の流れと日本版作品集の残り方、それ自体がすばらしい。

話は変わりまして、
今日、家にランバンさんのオリジナルプリントが届いた。
たくさんある作品の中から吟味して、それで自分なりにセレクトした結果。前にもこちらで紹介させて頂きましたが、
こんな感じの極めてストレートな写真です。


100 x 68から100 x 100cmくらいのかなり大型プリントで迫力あります。日本のメディアには全く露出していない写真家さんなので、今後の活動と活躍を非常に期待している状況です。












2014年7月2日水曜日

気持ちを切り替えて 技術を持って考える



いまのところ見ていて面白いなと継続して見ているのは ホッケーとバスケ。
すごく格好いい。サッカーやバレーボールなんかよりも自分は面白いと思う。

明日は準備室として継続中の写真集プロジェクトを進めます。

金子山さんの写真集、私の方でも取り扱っていますので、
金子山ストアの方で買うか、もしくは私の方に直接メールでも
口頭でも何でもよいの連絡下さい。

それとは別で次は
辞書みたいなぺらぺらの薄い丈夫な紙で写真集を作るイメージもある。
とにかく準備室は他では手に入らない作品を作って行きたいと思う。

今 NHKスペシャルのエネルギーの奔流 というプログラム見ています。
NHKオンデマンドというネットテレビです。

最近の6年くらいは資源掘削船のエンジニアとして仕事してきました。
今は液化天然ガスの運搬船でエンジニアとしてまた船で働いています。

原発とか原油、ガスエネルギーとかこのテレビをみていて、
なんだかすごくバランス悪いなと思う。
お金も人も技術もどんどん膨れ上がるけど、
それ使っている人間は、ぜんぜんだめ。
進歩していないし、無駄が多いとしか思えない。
自分も含めて。

次の準備室プロジェクトは
ルイーザさんの写真集です。
もう少し待って下さい。
良いもの仕上げます。







2014年7月1日火曜日

うそ おおげさ まぎらわしいの 先



群馬にロックフェスがあるのを 最近知ったが
スポンサー アーティスト 客 
自分には全く 熱量が 方向が受け入れられない。

うそ ほんとう?
大げさ 誇張?
まぎらわしい ごちゃまぜ。

MOROHAの三文銭聴いた。
これ おおげさに。
このメッセージうけとるの?
自分はこんなの音楽じゃなくてただの詩のボクシング的な
パフォーマンスだと思う。
ぜんぜん駄目だろ。

ロックフェスのタグ ウェブデザイン 全部くそくらえ。
こんなやりかた ロックでもパンクでもなんでもなくて
企業広告の駄目なありかたさらしただけだと思う。

こういうやりかたが一番きにいらない。
故郷群馬に愛と誇りを!
そういう全体メッセージ。
とかほんとうクソ以外の何がある。
ばかにしやがって。
ふざけんな。

群馬県に今の今まですんでいるけど
もうちょっとましなやりかたあると思う。
こんなくそイベントに誇りも何もない。

さっさとクソみたいなイベントくたばって欲しい。
アーティストごっこ
文化支援事業ごっこは
これで おしまい。