瑪瑙異書類従

瑪瑙異書類従
準備中

link

prep room 準備室(一号室)
menou books  メノウブックス(二号室)
瑪瑙文庫(三号室)

2013年3月30日土曜日

ここまで

Bat for lashesのナターシャカーンさんの最新アルバムは日本国内盤が出ていないけど、PV見てすごくシンプルで良かったのでCD購入。あとホリーハーンドンさんのファーストアルバムも購入。

話は変わって、
日本で唯一無二のドラムンベースレーベル展開しているYabai 84 Recordsの音楽が自分の中では最高レベルの打ち込み音楽だと思っています。Heavy1さんがオーガナイズしているレーベルです。カウント100に満たないYouTubeが何をもって爆発するのかわかりませんが、オリジナルの強度を確かめるには十分すぎる内容になっています。素晴らしいです。
preview音源はこちら

メジャーで作曲家、コンポーザーという肩書きを持って打ち込みしている人たちが、
皆、完全にオリジナルシステムを構成しているとは思いませんが、
そのペラッペラの音楽と比較してみると、機材の進歩というのは、
残酷だと思うことがあります。

写真は、
高校生の時に買ったブラッグドッグの名盤パラレル。
今聴いても刺激的な内容。
機材やPCが進歩すればするほど、
操作する側の感性や技量が問われる。
ブラッグドッグは古代遺跡発掘的な音楽を展開している。
同時に宇宙的な広がりと音楽の可能性を教えてくれる。

















最近の自分は、クラシックカメラに没頭しています。
自分で分解して整備とか修理とか出来るようになりたいなと思います。
いつもは大きな機械を分解整備する事が多いので、
カメラ的な小さい部品は取扱が難しい気がしますが、
深い世界なので面白そうです。




2013年3月25日月曜日

読まなくなった本 読めなくなった本
















今 zineを制作している。
もともとは 文字組でやろうと思ったけど やっぱり写真で組む。
ほとんど写真で組もうと思う。

音楽は、その時の気分で聴いたり聴かなかったり、
四街道ネイチャーがすごく好きで
何十年来聴いている。

僕ヒップホップ大好きですって
人たちからは ほぼ無視され、
あまり 評価の対象とすらされない
マイクアキラさんのラップが自分はすごく好きです。

最近はテレビも映画もほとんど全く見ていない。
vimeoとかYou tubeとかで、映像作品ばかり見ている。
Music Videoとかその辺の。

今つくっているzineの表紙は日本庭園です。
緑を前面に押した日本庭園です。
中身はおしゃれな写真をちりばめたいと思って
いろいろ試行錯誤しています。

カロフレックスという製薬会社のコーワが1950年代に制作した
2眼カメラを手に入れました。
試験運用中だけれども
すごく操作がしやすくて驚いている。

ジャンクな2眼カメラとジャンクなデジタル映像素子を組み合わせて
2眼デジタルカメラをつくりたいと考えている。
フィルムバックのスペースを生かして、
工作できたら面白いとは思うけども、
まだまだそんな技術は手元には無いので、
要は勉強中という事です。
映像用デジタルバック的な発想で。

オランダのオルタナティブシーンに最近興味があっていろいろ調べている。
ロックとかパンクとかいろいろあって面白い。
音楽だけでなくデザインもファッションも良い。
機会を見つけて、カメラ抱えて直接現場行ってみたいと思う。

けなされたり無視されたりされても良いから、
もう少し写真撮って作品化してみようと思う。

2013年3月19日火曜日

歩行距離

思った以上に 続ける事は難しくて
結局 断続的な作業や 活動になってしまう。
















パケットという手作り感たっぷりの
冊子がすごく素敵だ。

しばらく ずっと いろいろな人の作品を見ている。

4月くらいに一つ小冊子の試作品を完成させたいと考えている。

tissueマガジンを見ていると、ドイツはエロ本もおしゃれだなと感心する。
tissueはデザイン系の雑誌だけど、十分エロ本の域に達している。
日本のエロは過剰演出で うんざりしてしまう。

tissueには裸で駅構内を暴れ回ってるニンゲンに
消火器をぶちまけるという
すばらしい演出作品が掲載されている。

A3用プリンターとフィルムカメラとスキャナーが手に入ったので、
これで冊子を制作できる。

動きのある人物をスローシャッターで撮影したくて、
かなり絞って撮ったら車と人が残像となった。

はやく作業を軌道にのせたい。




2013年3月8日金曜日

Lauraさんの 食卓

















Laura Letenskyさんの写真集を買ったのはもう5年くらい前になる。

しばらく 触れずに 離れていて、

またもどってきたら 予想以上の展開で すごく驚いている。

ドイツ ニューヨーク カナダ
のギャラリーに所属しているようで、
ずいぶん 遠くの存在のようにも思える。
















まとめ記事はこちらで見られます。



2013年3月7日木曜日

tissue magazine

ロゴスでTISSUE MAGAZINEを買った。
2500円。
高いようで、内容が素晴らしいから、文句は無い。

おとといくらいから頭痛で体調が悪くて、
船から帰ってきても、いつもの状況とは異なる。

ブリジットコリンズさんのポートレート写真が素敵すぎて、
素敵だ。ヤバすぎて、やばい。

今度、イメージの展覧会的な小冊子を制作します。
内容は変則的なイメージ集積とタイポグラフィー。