瑪瑙異書類従

瑪瑙異書類従
準備中

link

prep room 準備室(一号室)
menou books  メノウブックス(二号室)
瑪瑙文庫(三号室)

2011年12月30日金曜日

骰子という雑誌から。。

今でこそweb に転換してしまったが、かつてダイスが雑誌だった頃、映画や演劇、ダンスの情報が、そこには無造作で、それでいて生々しく散乱していた。

何度か冊子のサイズが変更されたようだが、ダンス特集が組まれて表紙にルイーズルカヴァリエが掲載された時の物を当時持っていた。

正確には今でも持っているのだが見つからないという状況だ。

コンテンポラリーダンスの最前線の特集だった。
ラララから駱駝。カオスからニブ、きのこ。と、なんでもござれな生々しさ。
生臭かった。

当時はそれなりにいろいろ観てきていた、アイホールではジョセフナジのヴォイツェックを見に行ったし、映像もNHK教育で放送されていたダンスの世紀5回シリーズを観るに悶絶した。ピナバウシュは言うに及ばず、コリアのホンシンジャの自伝的小説に思わず嘔吐した。

この生々しさが要するにコンテンポラリーダンスの要の様な気がしている。

年明け1月8,9日にCross Roomというダンスプログラムがある。
幸運に恵まれて、主催者の小林さんに、ダンスに関してお話を聞かせていただける予定だ。

Hアール・カオスの事は、ほとんど知らなかった。そして小林さんの事も同じく。
だがダンスが好きで、自分の中で消化し続けるうちに、やっぱり現場が一番面白いのだという結論に落ち着く。そしてこのタイミングでまた、ダンスに戻ってきてしまう。

CrossRoomなるプログラムの活動内容は至極分かりやすい。
そして画期的だ。
ダンサーを舞台から降ろさせ、観客を客席から降ろさせた。
同じ輪の中で、観し、踊る。
これだけで、すごみが伝わってくる。

すごく楽しみだ。


2011年12月18日日曜日

現在地

現在地。

今年は、いろいろありました。
3月に船に乗っているときに津波が直撃して、
それでもいま 普通にまた船に乗っていることが自分の日常か?

収穫はいろいろあるけれども、また美術の現場に戻ってくることが出来たのが一番か。

阿波踊り会館で、みやび連、無双連、他たくさん撮影した。
展覧会にお邪魔して作家の話もたくさん聞いた。
深夜のパーティーで、現場の音楽を浴びることも出来た。
もう少しだけ、現場の空気を記録できる具体的な方法を手に入れたい。

武満徹さんの音楽とストラビンスキーの音楽と
ドラムンベースと
太鼓と
組み合わせて
映像作品に乗っけて
大音量で聴きたい。
いや 実演したい。


現在地

2011年12月5日月曜日

module→ターナーギャラリー→スリランカ


moduleでドラムンベースが聞けて本当に良かった。新しい発見は、オーガナイズがしっかりしていた事と、お客さんがきちんと音楽を楽しんでいた事が本当に良かった。SHIGEさんとHEAVY1さんのプレーは本当に尊敬すべきレベルの一番きれいな形でまとまっていて、自分は久々に踊りたくなった。今回の一番の目的はcham+iさんの取材。とかく音楽雑誌、音楽系の一般的な取材という形は自分には面白みが感じられないので、別の方法で進めている。

この翌日に自分は西武池袋線の東長崎から歩いてターナーギャラリーに向かった。中村亮一さんのインタビューと、他の作家さんの作品を見るため。写真作品が良かった。うるさくない感じ、節操が良いという表現か、あるいは上品でない中品と行った感じの品の良さ。なじみやすさ、すばらしかった。西澤さんのお話が聞けたのがかなり貴重で勉強になった。

アカデミックなトークショーがあったのだが、いまいちなじめず途中でエスケープした。
あの内容は自分にはあまり必要としていない。むしろもっと一般的な言葉で日常の会話レベルにまで意識を広げてインタビューする方法を自分ならとって行こうと改めて決意する良い機会となった。

さて今日から、またスリランカだ。
仕事がんばろう。

2011年11月25日金曜日

(f)uchew出張版


23日に(f)uchew出張版パーティーにお邪魔しました。
organizerのKNK(ケンノスケ)さん、duusraaのドンさんありがとうございました。
撮影も快諾していただき、かなり貴重な映像が撮影できました。
サウンドシステムは3F階段くらいにまでひびいていて、すばらしかった。

ダブステップありディスコティックあり、懐かしいー曲もあり楽しめました。
今度は府中の本拠地にお邪魔したいと思います。

2011年11月15日火曜日

Bag-TwiGy al Salaam

この曲の良さは、実はもう決して絶叫したり、まくしたてたりしなくなったtwigyさんの、しかしメッセージ性のしっかりした、詩を歌うのではなくて放つことで完成されたhiphopだ。


2011年11月14日月曜日

heavy sick zero 一回目



本当に永い事、現場から離れていたので、若干不安ではありましたが、なんとかサウンドシステムを体験してきました。すばらしいサウンドシステムでした。中野heavy sick zero。騒音対策のためか、入り口は2重扉、B1のMain Floorはちょうど良い狭さで、スピーカーの振動が内臓に来るタイプ。

こちらがタイムスケジュール。
今回聴いていて、ばっちり決まっていたのはNOAさんnemoさんの時間帯。
すばらしかったです。ぜんぜんドラムンベースじゃないけど。
そして、肝心のMainFloor。今回初めてVELOCITYさんのプレーを聴いたのですが、かなりクリアーな音だったのでどんな音源なのか知りたい。
スピーカがいい感じで震えていました。



AKiさんのプレーを聴いたのはこの06S以来。
このフライヤーデザインは好きです。







2011年11月3日木曜日

準備室から(Rymetyime+Ed Rush+Fierce)

すごく懐かしい感じのライムタイムの青いアルバムがあるのですが、実はこれは心斎橋のシスコで大学生のころ買ったのですが、今聞いています。ミックスCDが付いていて、こっちがどちらかと言うとメインで聞きやすい。

 ドラムンベースに果たしてMCは必要なのか?という問いは今でもあるのですが、ライムタイムに関してはヘタウマな感じで意外と調度良い。

Abyssと言う曲がライムタイムの中ではベストではないかと思っているのですが、まあそれでも曲がエドさんとフィアースだからこの2011年になっても違和感なく聴けると言うだけの話かもしれません。

11月12日に中野でドラムンベースのイベントあるので行く予定です。

2011年10月30日日曜日

準備室から(Gridlok)

10年ぶりくらいになるんだけれども、
本気のサウンドシステム聴きたくなってきたので、
行って見ます、取材しに行きたいと思います。

ドラムンベースのパーティーって本当に日本じゃ少ないけれども
生きていることは確かなので、そういった意味でも取材するにはいいかも知れません。

Gridlok のRadar-Outを最近良く聴きます。
好きです。大好きです!!

自分はクラナカ1945さんのプレーが好きだったんですが、
あの頃はzettai-MUが全ての始まりだったから、またクラナカさんのドラムンベース聞きたいです。

何故か名村造船所跡地で11月にzettai-MU16周年イベントやるみたいですが。
いまさらドラムンベースきけるのでしょうか?
いつの間にか ダブステップのイベントになっちゃったみたいです。

Gridlok Radar-OutからAUDIOのThe Journey Part2の流れが今日の気分です。

名村造船所が会場貸し出し拒否したみたいで、
今回のzettai-MUは、なんと深江浜だそうです。
ダブステップは結局スピーカーちゃんとしたデカイ良いやつじゃないと全然良さが感じられないから、内臓、神経、中枢神経まできちんと浸透してくるベースのきれいな振動が大事だと思う。

すごく懐かしいフライヤー。実際自分はベイサイドまで行きました。すごかったのはジャーさんのプレイ。ほとんど客の反応が2分していて歓声なのか、悲鳴なのかわからないような中、ジャーさんはひとり踊りながら余裕の演奏。


Zettai-Muの中で一番格好良いフライヤーはこれ。自分の中でベスト。このデザイナーは才気溢れている。Zettai-Muのイメージがこれ。この重さ、スピード感。
spookyっていまさら聞けないけど、日本で、はやりだした頃は、ドラムンベースの曲も入っていた。赤ジャケ、インベーダーゲームの音源使ったりするのは趣味か?
よくわからないけど、kemuri productionsのYASさんにHIDEさんも出ていたらしい。このときは毎月Zettai-Muやっていたから、なんかすごい時代だったんだなと思う。今考えると世紀末感が充満していた大阪ベイサイドは、東京で言うところのwombみたいな位置づけか?




2011年10月28日金曜日

準備室から(四街道ネイチャー)

今、まだスリランカの海の上にいるのですけれども。
11月の2週目に日本に帰る予定です。

11月の予定は、準備室の活動として、中村亮一さんのインタビューを予定しています。
一回目のインタビュー内容をふまえて、もう少し視点や観点を変えて記事として公開する予定です。

工藤さんの、おまえはどうなんだ?と言う、松の湯での展覧会には、行けなかったのですが、
なんか、写真やレポートを見る限り素晴らしかったようです。

prep pressとして本を出版したいと考えていまして、絵画や音楽そして、大好きな踊りに関して、
取材記事をまとめて出したいと計画しています。

四街道ネイチャーのアルバム四街道ネイチャーというミニアルバムがすばらしい。
絶叫しないラップがいい。
トラックがいい。
まっしろって曲が、すばらしく秀逸。

最近はドラムンベースとラップくらいしか聴いていなくて。
一時期、現代音楽系の方に走ったりもしたが、やっぱりこの感覚からは抜け出られない。

武満徹さんの音楽とかを大学時代に一通り聴いてみたりもしたが、
あれはあれで質感が違う。
武満さんの作品は、映画音楽とばりばりの現代音楽の二つに大別できるのですが、
映画音楽選の、他人の顔ジャケットアルバムが、
強烈で素晴らしい。
どですかでん は黒澤明の作品というよりも自分の中では武満音楽の印象が強い。

自分の場合、もっと泥だらけで、鼻息や息遣いや鼓動やそういった音楽を生む上での副産物に興味がある。きれいにデジタルリマスターされましたな音楽はそれほど興味がない。

最近は写真に関してものすごく興味が膨らんできていて、それで
やっぱり風景とかよりも人が撮りたい。

準備室のホームページが仮死状態なのですが、ローカルサーバーのデーター管理していたmac book proが死んでしまったからです。スリランカから戻ってきたら、新しく作り直す予定ですので、よろしくお願いいたします。

2011年10月25日火曜日

準備室から(krust true stories)

絵画を共有する場と、音楽を共有する場は一致しにくいのですが、
自分は絵画の可能性とか、深みをもっと知りたいと思って、準備室という場所を模索しています。

ギャラリーで見る絵画と、自室で見る絵画。
モニター上で見る絵画、雑誌で見る絵画、それぞれ異なる。

音楽もi-podで聴くのと大きな低音特性の優れたスピーカーで聞くのとはまた違う。

krust の1998年製の楽曲the true storiesという曲が、するめみたいに何度も何度も聞くうちに、
やっぱり2011年に聴いてもまだまだいい味がしている。

この曲を大音量でかけたい。

太鼓打ちの本能みたいな音楽で、ひたすら打って打って打ちまくる音楽で、
歌なんか全く必要としていない類のものです。

martin ederさんとか、andrew EKさんとかの絵画を題材にして映像作品を作ってみたいと考えています。そして音楽はkrust1998年のthe true stories。

しばらく絵画から遠ざかっていたから、久しぶりにいろいろ鑑賞したくなってきた。
季節も秋だし。

2011年10月21日金曜日

準備室から(AUDIO)

ed rush and opticalのvirus recordからリリースされているAudioのアルバムとミニアルバム。
両方聴いた感想は。実に硬い。

2000年の時点で既に終焉を迎えていたドラムンベースは、2011年の時点では、終わらない何かを引きずった状態でひたすら前進している。基本的に情緒や趣なんて無縁の音楽だから無機質でいて、過剰に重い。

好きで好きで仕方がないのだが、敢えて言えることは、emissionsは良い曲だ。

何が好きかと聴かれることすらありえない話だけれども、

それでもこのベースラインとドラムの硬さは、和太鼓では表現できないな。
だからあえて自分はAudioのアルバムGenesis Deviceをここ最近のベストアルバムと認識している。
比較できるような音楽が少ないと言うだけの話かと言うと、そうではない。
サウンドシステムが複雑でちょっとまねできない。

無双連の男踊りのような、変則的な振り付けみたいな感じだろうか?

一方 The Journey part.2と言う曲は、一体どこまで旅行に行くのだ?という感じ。
これも良い曲。

こっちの方が聴きやすいのかもしれない。
とりあえずこの2曲はAudioの中の名曲。

2011年8月28日日曜日

準備室から(ED RUSH AND OPTICAL)

結局のところ、
自分の音楽的趣向は2000年くらいに終わってしまっていて、ひたすらさかのぼることでしか前進できないといった状況です。

ed rush and opticalのライブを大阪のBay side jennyで見たときは、この人らはっきりいって耳がおかしいんじゃないか?と思うくらいのベース音を出していた。音圧と言うか空間が振動している感じが世紀末感を漂わせて、不安や悲しみやそういった生半可な情緒を無残にも切り刻んでそれでも前に進んでいくという強烈な無力感、虚無感の連続。言い換えると生きている地獄的な空間がそこにはあった。

今現在AudioやProlixなんかの自分と同世代の曲を聴くとほんとにED RUSH&OPTICALの影響そのまんま引きずっている感じがして、泣けてくる。

例えば音楽的に言って、カラオケで歌うとかそういった消費のされ方をされる音楽とは、根本的に質が異なっていて、ほとんどスピーカーの技術試験や、機材の限界と人間の許容範囲の限界のオーバーラップのような、世界がそこには広がっていた。

2011年8月27日土曜日

準備室から

今は仕事でスリランカにいるのですが、
日本がやっぱり一番いいです。

今まで見たり、聴いたりしてきた美術、音楽、その他いろいろなものをもう一回、
振り返ってみて、やっぱりあれはすごかったというものをちょっとまとめています。

ECDが95年くらいに近田春男のグルーブダイアモンドっていう番組で選曲担当していた時に
かかった曲を今も覚えているのですが、
microphone pagerとかブッダブランドとかは、当時の状況からしてコアな部分でした。
今振り返ってみると四街道ネイチャーはすごくバランスいいなと感心しっぱなしで。
たぶん今の20台くらいの人たちのアンテナとは自分は帯域が違うのでしょうけれども。

マイクアキラは本物って感じがする。
だめな部分もいい部分も全てさらけ出している部分が、
ものすごく感動する。

up brownって曲があるけど、あれなんかもうPVがPVじゃなくなってほとんど自慰みたいな感じで、
それでいてしっかり曲は進んでいくと言う感じがまさにアキラ風味、しぶすぎる。

あしたあさってって曲をすごく覚えていて、なによりもトラックがすばらしい。
いま現在あんなシンプルでしっくりくる曲を聞かせてくれる人たちはいないのだろうか?

マイクっアー!!マイクっアー!!と叫ぶアキラ先生のライブ現場を機会を求めて取材してみたいなと最近強く思います。

2011年7月11日月曜日

悠久的なもの


悠久連の踊りは、手の動きが一つの特徴で、例えば阿波扇もそうなのですがイキイキしているところがすごく好きです。

小金井阿波おどりが23,24にあるので、
自分が一番好きな弐穂連の踊りを見てこようと思う。

最近みつけたgridlokなるプロジェクトのRadarなる音源 は、ベースが表、ドラムが裏という、踊りのための音が、うねりとして加速するとはどういう事かを見事に実現している良い例でした。



2011年4月24日日曜日

7日間



本日は、葵連の踊りを楽しんできました。
一番見たかった ピンクの着物の方の踊りが一番バランス良く、
すべてにおいて突出していたと思います。

今日も充実した一日でした。

2011年4月19日火曜日

美術的な事、音楽的な事。

来週から、通常の仕事に復帰します。

2月24日にインタビューさせて頂いた、
美術作家の中村亮一さんが、2011年度、Article賞のグランプリを受賞されました。
本当にすばらしいことです。

中村さんの作品に最初に出会ったのは、gallery156の個展が初めてで、
すごく興味深く鑑賞させてもらったのを覚えています。

来週またインタビューをさせて頂く予定ですので、
自分なりにまとめて、準備室の一つのコンテンツとして公開したいと思います。


最近は、踊りの音楽的な要素を自分なりに研究しています。
イギリスで活動しているAudioとかSpor、Prolixとかは2000年頃にほぼ終焉に向かっていたDrum and Baseの無機質な要素を、この2011年になっても継続的にあえて音楽に取り入れていることが、自分にとって何よりも驚くべき事実で、また賞賛に値するものでした。

日本において、自分がこの年齢になって一番の驚きと感動を持って、発見する事ができた事は、阿波おどりの多様性がなぜか自分のなかでDrum and Baseの無骨で無機質(金属的)なノイズあるいは振動にも通じるという事でした。

大太鼓を叩いてみて気づいた事は、自分が普段毎日のように聞き続けていたDrum and Baseのドラムもベースも両方表現できるのではないか?という事です。
これは実際叩いてみないとわからなかったです。

いろいろとがんばらないといけないので、自分なりに方向性を持って進めたいと思います。


2011年3月31日木曜日

natural disaster

昨日 家に帰ってきた。
それで自分が船から撮影した津波発生時の青森八戸港の状況。
カメラのデータでは16時12分となっています。
車が流されている。



2011年2月28日月曜日

ちょうちん

これは、阿波おどり会館のロビーの提灯。
これ一つ一つが踊り連のもの。どれもそれぞれ特徴があって、見所がそれぞれ異なる。


2011年2月26日土曜日

失われない10年間


自分の10年間は、加速するようにまた、10年目に来てまた振り出しに戻るといった具合に、また再確認した、たった今。


10年前に今の仕事(船を運航する仕事)に就いて、また一時失われたかに思えた感覚は何とか10年目にしてようやく、またもとの自分の所に戻ってきたような状況だ。


失われない10年間は奇しくもこのひとつの舞台から始まったような気もする。

自分はこのときジョセフナジの吐き出す豆をゲットした。


アイホールといえば関西の舞台芸術、特に踊りを専門に扱っているという印象の強い劇場だった。

時は2000年、自分は大学生だった。

ピナバウシュが登場する映画Talk To Herなるものを見た時よりも、より現実の舞台としての生身の痛みや苦痛や苦悩、複雑な社会状況から生まれた動きに、眩暈がした瞬間だった。


観客は今思えば女性が多かったようにも思うし、またほぼ満席だったような気もする。

10年前の話だ。


結局映像化はされなかったヴォイツェックを思い出して、次の入り口への道標としたい。





2011年2月24日木曜日

インタビュー開始


本日は念願のアーティストインタビューをさせて頂きました。。
記念すべき第一回目は中村亮一さんです。

記録音声を元にして、再構成していきたいと考えています。

中村さんは現在gallery156のスタッフをされていらっしゃいますが、
今回お話を聞くなかで、作家活動のこれからの展望や意欲が伝わってくる、
とても前向きな姿勢が印象に残りました。

特にドイツ、ベルリンの話を聞けたことはとても良かったです。
機会があったら私もベルリン行ってきます。

ということで
ドイツというキーワードで一番最初に思い浮かんだこの人の写真を掲載して、
来週からのお仕事の準備をしていこうかなと思います。

そして中村さんは4月にarticle誌の展覧会、グループ展(このグループ展には、メリッサさんも作品を出される予定です)が予定されているようです。



2011年2月16日水曜日

みやび連


四国88カ所巡りは
別に霊場じゃなくて良くて、
自分の場合は、おどり連88連巡りというのをやってみたいと思っている。

これはみやび連と一緒に阿波おどり会館で踊ったときの映像を切り取ったもの。

みやび連は太鼓の音が本当に踊りたくなる良い音だった。
今度はとりあえず4月のはなはるフェスタで見てみたい。