瑪瑙異書類従

瑪瑙異書類従
準備中

link

prep room 準備室(一号室)
menou books  メノウブックス(二号室)
瑪瑙文庫(三号室)

2010年9月13日月曜日

carmina burana


カルミナブラーナを観てきました。
音楽と相乗効果で非常に充実した、完成度の高い舞台で素晴らしかったです。
単に均等をとるための、配置や組み合わせではなく、また舞台の中心が単一でなく複数からさらに膨らんで行く状況が観てはっきりしていたのが印象的でした。


2010年9月6日月曜日

地元で楽しいショッピング




阿波踊りの波はとどまらず、今回は中村橋。
ここはすごく見やすかった。商店街の歩道も余裕あるし、駅前舞台も見られる。

南越谷とも高円寺とも異なる独特のゆるやかな雰囲気が良い。
こころが和んだ。



Fluid Hug Hug


さいたま芸術劇場 dance today2010観てきました。

一幕目はKENTARO!!さんと康本雅子さんの作品で、だいたい予想通りの内容。
わるくはなかったけども、良くもなかったという、ざっくりとした印象。

音楽の使い方が、結構雑に感じた。
ダンスはこんなに音楽にしばられないといけない物なのか?

そして、
二幕目の伊藤郁女さんの作品。
一番良かったのは、山崎さん。
本当に良かった。
もう一回観たい。

伊藤さんはほとんど筋肉の固まりみたいな感じで、
ヒルコ妖怪ハンターに出てきそうな、クモ女風の振り付けには引いた。
普通、あの動きはできない。
できたからと言って、気持ちが良いものでもない。

全体的には良くできた構成で、ほとんど台詞なしで物語が形成されていた。

来週は笠井さんとbatikを観てきます。


2010年9月1日水曜日

四万温泉と


久しぶりに四万温泉に行きました。
自宅から車で1時間半くらいの所です。
良い温泉でした。

あさっては、さいたま彩の国芸術劇場で舞台見てきます。
dance today 2010という物です。

これって結局、自分の中では、阿波おどりや花輪ばやしのサウンドシステム込みの踊りには到底かなわないもので、何を見るのかと問われたら、その動きそのものをみる。と言う事です。

その動き自体は非常に洗練された物であるのです。
KENTARO!! さんと 康本雅子さんという組み合わせがすごく興味深い。